宮原眼科のパイナップルケーキは通販がおすすめ クリックする

移住先が福岡県古賀市に決まりました!移住先が決まるまでの経緯(全3回・その①)

 

このたび移住先がようやく決まりました!

それは福岡県古賀市です

 

※上記画像:古賀市役所公式フェイスブックより引用

 

思いもよらぬ新型コロナウイルスの流行で、はじめに立てた計画からずれにずれました。

よくあるIターン(出身地以外の土地に移り住むこと)の手段は・・・

候補地をあげる⇒現地視察⇒地域の方とつながる⇒移住地決定

の流れになるのですが、コロナの影響で移住関連のイベントも激変し、2020年から2021年あたりは現地を見ることもままならない状況が続いたことが大きな要因です。

 

古賀市に関しても現地に一度も足を運ぶことなく、眼がショボショボになるくらいGoogleマップ(ストリートビュー)を見まくって情報を得ました。

それでも結構なんとかなるものだということを、身をもって知ることができたのは想定外の収穫でした。

 

というわけで、今回は改めて移住にいたるまでの経緯を時系列にまとめてみようと思います。

 

目次

【2020年3月】新型コロナウイルスの本格的到来

日本でもコロナの話題が大きく取り上げられた頃です。それから瞬く間に感染が急拡大し、7月におこなわれる予定の東京オリンピックも延期をせまられました。

東京でオリンピックを見てからぼちぼち移住の準備をしようと考えていた私たちの計画も、ガタガタと崩れていきます。

 

【2020年5月】マンション売却をせまられる

コロナの感染急拡大によってテレワークの流れがこれまた急加速し、都心のマンションの価格が急落するのではという不安が押し寄せていました。

当時株の下落もあって投資生活にも危機感がせまっていたこともあり、これはマンションを早めに売却した方がいいのではということで、すぐに手続きをすすめることにしました。

 

【2020年9月】移住計画が思いもよらぬ展開に

コロナによる外出自粛の影響で、マンションの内覧もこれまでのようには進まず苦戦を強いられましたが、ようやく買い主が決まりました。

一度値下げをしたものの、なんだかんだ購入額を大きく上回る金額で売れました。知らないうちに東京都内の不動産は高騰していたようです。とにかくこれで一安心しました。

 

その頃移住先は香川県高松市にほぼ決めていたので、すぐに賃貸情報もチェックし始めました。

 

 

 

ところがです。賃貸物件にペットOKの部屋が少なすぎることに愕然とさせられます。

特に築浅の物件ほど厳しいのです。それはそうですよね。大家さんにしてみれば、ペットは部屋を傷つけられるリスクが上がりますから。

 

また当時は、自粛警察なるものが全国各地で話題になった頃でもありました。東京都内から引っ越してきたら、苦情の紙を貼られたり卵を投げつけられるかもしれないなんて辛すぎます。

更に、コロナ禍で友人と全く会えていないことも気になっていました。このままメールやLINEでの報告だけで引っ越すのかと考えると、切なくなってきました。

とはいえマンションは売却が決まっているので、約束の11月末には出なくてはいけません。

・・・。

 

そうだ!千葉に引っ越そう!

え?

 

自分でもなんでこんなことを思いついたのかわかりません。完全に直感です。

でも後から振り返ると、この思いつきが全ての不安を払拭し、ハマりにハマったのです。

まさに直感さまさまです。

 

つづきはその②で

あわせて読みたい
移住先が福岡県古賀市に決まりました!移住先が決まるまでの経緯(全3回・その②)   前回の続きです。   https://miucciablog.com/ijudiary20/   【【2020年10月】香川県高松市移住から一変。千葉県移住へ】 前回の記事で、ふと千葉県へ...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけたらうれしいです
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次