別府湾の景色が最高な日出町の宿Casa del viento(カサデルビエント)

旅の森
旅の森ホテル

大分県の移住お試しツアーでお世話になった2軒目、Casa del viento(カサデルビエント)も素晴らしい宿でした。
アイキャッチ画像はCasa del viento(カサデルビエント)公式サイトより引用

 


左が撮影スタジオ兼オーナー宅。右が宿泊エリア

 

Casa del viento(カサデルビエント)を知ったきっかけは、大分県の日出町への移住に興味を持ち、いろいろと情報収集する中のことでした。

 

大分県を移住候補地に決めた理由
前回の記事で書いたように、移住に関する情報を調べたり、イベントに参加したりするうちに興味が沸いたのが大分県、香川県、愛媛県でした。 大分県に興味を持ったのは、何より希望の公共温泉が充実していることです。とはいえ...

 

日出町が移住希望者向けに作っている「ひじん本」というパンフレットがあります。その中でCasa del viento(カサデルビエント)を紹介していて、素敵な宿だなぁと思っていたのです。

 

日出町公式サイトより引用。 ひじん本はPDF版を読むこともできます。

 

Casa del viento(カサデルビエント)のオーナーの奥様は、何でも大阪の岸和田出身ということで、勝手な先入観からちょっとビビッていたのですが、めちゃくちゃ気さくで面白い方でした。旦那様は逆に口数少なく穏やかで、絶妙なご夫婦だなと思いました。ワンコも可愛かった・・・。

 

お部屋はまるで友達の素敵な家に泊まりに行ったような感覚。お布団は軽くてふっかふか、タオルも上質のものを使っていて快適です。お風呂には何やら美肌効果のあるマイクロバブルバス装置があって、温泉にも劣らない心地良さでした。

 

 

食事は要望に応じて提供していただけます。現在朝食は大分名物の鶏めし&だんご汁、夕食はBBQやお鍋ができるみたいです。

ちょっとしたキッチンがあるので、暘谷駅に隣接するトキハインダストリーで食材を購入したりするのもおすすめです。私たちは夕食用にトキハインダストリーのお刺身を購入したり、宿から目と鼻の先にある炭仙人に伺いました。新鮮で全てが激ウマでした。

 

Casa del viento(カサデルビエント)でのイチオシは、何といっても部屋から眺める景色でしょう。穏やかな別府湾を眺めていると気分がほっこりしてきます。こんな景色が窓を見るたびに見えるなんて本当に羨ましいです。

 

 

Casa del viento(カサデルビエント)の奥様はプロのカメラマン。撮影スタジオを併設していて、記念写真のサービスもあります。(有料)私たちも撮影していただきました。プロが誘導する撮影のもと出来上がった写真は、表情といいポーズといい普段とは全然違って良い思い出になりました。

 

そうそう、日出町といえばサンリオキャラクターパーク、ハーモニーランドがあります。

 

Casa del viento(カサデルビエント)は1日1組の宿です。お隣の有名な観光地、別府に宿泊するのもいいですが、他のゲストに気兼ねすることなくリラックスして過ごせるCasa del viento(カサデルビエント)を強くオススメします!

 

一日一組限定・別府湾を望むひだまり宿所、Casa del viento(カサデルビエント)のお得な宿泊プランはこちら

 

コメント