長い間抱えていた罪悪感が、瞑想によって救われたときの話

ココロとカラダの森
ココロとカラダの森ヨガ

私の母は、現在グループホームにお世話になっています。

15年程前に父が他界して以来独り暮らしをしていた母が、リウマチの悪化などから自立が難しくなったため、実家の近くで縁のあったグループホームに入所したのです。

そのことにずっと罪悪感を抱いていました。

 

どちらかというと、私は子供の頃から母となかなか理解し合えないところがあり、常に微妙な距離を保ってきたので、その罪悪感も複雑で屈折したものでした。

家族として抱いている罪悪感というよりは、人として、その立場にいる人間ならやるべきことをしていないという社会的罪悪感のようなもので、その矛先は母へでも自分へでもなく、世間に向けられていたのです。

 

グループホーム入所後初めて訪れた年末年始も、母のことを考えると胸が痛みました。でも救いはすぐに訪れました。

ある人のコラムに答えを導く言葉があったのです。

「目を閉じて坐ると、そこに存在するのは個としての私であり、娘いうアイデンティティーはどこかに消えている。そこにくつろぐとき起きるべきことが起きる。そういう生を生きてきているから、こんな私でもまともでいられる。」と。

それを読んですぐ思い出しました。

以前ヨガで瞑想していたとき、同じメッセージを受け取っていたことを。

 

更にさかのぼること1年程前のあるヨガセラピーのクラスに出たときです。長い間深いところで抱えていた罪悪感が表に出てきてくれたと感じたことがあります。

長年ヨガをやっていて、涙が出たのは初めてでした。

 

それはスプタバッダコーナアーサナ(合せきのポーズ)の最中でした。誘導に導かれながら、実は今いるのは都内某所のヨガスタジオではなく、実は今は土曜の昼下がりでもなく、実は今ヨガをしているのでもなく、実は私は私でないかもしれない・・・とイメージしていくうちに、自分が何ものでもない、宇宙に存在するエネルギーなのだと感じた瞬間、胸がじわじわと温かくなったかと思うと、目から涙があふれてきたのです。

 

反射的にあれこれと涙が出た理由を考えそうになったのですが、しばらく感情に身をゆだねてみようと思いました。

しばらくして湧いてきた感情は「ずっと重かったんだ」と教えてくれました。

人はあらゆる他者を通して自己が形成されます。私は○○(名前)である、私は○○の子供である、私はヨガ講師である・・・というように。

 

それらのことが私をずいぶん重くしていたようです。確かに重かった。勝手にいろいろ背負ってました。

でも、あらゆる自分を形成する何かである前に、私はエネルギーなんだと感じたことで、とても大切な気づきがありました。

 

「手放していいんだよ。委ねていいんだよ。」と。

なんだかとても楽になりました。

 

股関節には感情が宿るといいます。スプタバッダコーナアーサナ(合せきのポーズ)をとることで、そこに閉じ込めていた感情を引き出すことができたのかもしれません。

 

プライベートのヨガセラピーセッション受付しています

 

コメント