【厚さ・素材・滑らない・ブランド】初心者必見・お悩みに応じたヨガマットの選び方

ココロとカラダの森
ココロとカラダの森ヨガの知恵袋がっちーさんのヨガ

2022.2.16更新

ヨガ初心者時代、ヨガマット選びは厚さ・素材などわからないことばかり

ヨガを始めて間もない頃に、まず悩むのはどんなヨガマットを選ぶかどうかではないでしょうか。

 

 

ヨガスタジオに通っている場合は、有料か無料かは別としてほとんどのスタジオでマットをレンタルすることができます。

でも、続けていくうちに自分のマットが欲しくなるものです。

理由はいくつかあります。

まず、スタジオだけでなくおうちでもヨガをやりたいと思えばマイヨガマットが必要になります。

ヨガスタジオだけの場合でも、自分が気に入ったヨガマットでやりたいと思うようになる人も多いです。また、他の人が使ったヨガマットはあまり使いたくないという人も結構います。

私の場合は、おうちでも毎日ヨガをやりたいと思ったのと、ヨガインストラクターの資格を取得するために通ったスクールで自分のマット持参が必須だったため、ヨガマットを購入することにしました。

 

ところが、ヨガを始めた当初だったので、どのヨガマットを買うかすごく悩みました。ブランドはいろいろあるし、厚さとか素材とかわからないことばかりです。

でも、今は悩んでいる人に対して、何がおすすめか相談にのれる位になってきました。

そこで今回は、ヨガを始めた人が必ず遭遇するであろうヨガマット選びについて書きたいと思います。

 

 

厚さ・素材・コスパのバランス抜群。ヨガワークスのスタンダードヨガマット

私がヨガを始めたばかりの頃、まだヨガインストラクターの資格を取得するなんて思ってもいない時の話です。

おうちでも簡単なヨガをやりたいなと思い、ひと通り各ブランドのヨガマットの特徴などを調べて購入したのが、yogaworks(ヨガワークス)のスタンダードヨガマット(厚さ6mm・重量1.3kg)でした。

 

 

選んだ理由として、知名度が高いのにもかかわらず比較的安価というのが初心者としては決め手でした。

厚さ6mmを選んだのは、座位や逆転系のポーズでひざや背中が痛くないのが欲しいという希望があったからです。

結論として、yogaworks(ヨガワークス)のスタンダードを選んで本当に良かったと思っています。

ちなみにyogaworks(ヨガワークス)は、アジア最大のヨガイベント「ヨガフェスタ」の発起人でもある綿本彰先生のお兄様である綿本哲氏が創設したブランドです。

yogaworks(ヨガワークス)スタンダードの値段は4,000円弱程度です。

ヨガを始めたばかりで続けられるかどうかわからないという人は、万が一無駄になっても後悔しない予算で選ぶと良いと思います。

例えば、ニトリなど格安で人気のヨガマットもあります。ダイソーなど100円ショップでも売っています。

ただし、安いにはそれなりの理由がある場合が多いので注意が必要です。

すぐに表面に傷がついたり素材が削れたりして、すぐ買い直しすることになったら節約した意味がありません。

またケミカルな臭いや肌触りが苦手な人は、格安のヨガマットを選ぶ時は口コミを参考にしたりして慎重に選びましょう。

ちなみに、私が購入したyogaworks(ヨガワークス)のスタンダードヨガマットは、10年たった今でも使っています。

 

 

天然素材派ならグリップ力抜群ジェイドヨガのハーモニープロフェッショナル

ヨガをやる人は、元々オーガニック愛好家の人が多いです。

最初はそうじゃないとしても、ヨガを続けていくうちに天然のものを好むようになっていく人もいます。

そんな自然派志向の人は、ヨガマットも天然素材が良いと思うのではないでしょうか。

天然素材なら、JADEYOGA(ジェイドヨガ)で一番人気のヨガマット、ハーモニープロフェッショナルがおすすめです。(重量1.9kg)

JADEYOGA(ジェイドヨガ)は、天然素材のヨガマットの中では価格が割安というのもポイント。

 

 

多くのヨガマットがPVCという人工素材の中で、JADEYOGA(ジェイドヨガ)のヨガマットは天然ゴム100%使用です。

また、JADEYOGA(ジェイドヨガ)のハーモニープロフェッショナルは、厚さ4.5mmでありながらPVCのヨガマット6mm相当のクッション性があります。つまりひざや背中が痛くなりにくいのです。

JADEYOGA(ジェイドヨガ)のヨガマットは、天然ゴム100%の自然素材というだけでなく、グリップ力(滑らなさ)もすばらしいです。

何度もヨガスタジオで使ったことがありますが、ダウンドッグ(下向き犬のポーズ)を取ると違いが歴然とわかります。

ダウンドッグは、太陽礼拝などヨガで頻繁におこなうポーズですし、手足が滑らないというのは、ヨガマットの特徴としてかなり重要なポイントです。

ただし、天然素材のヨガマットは総じて重いです。重さが気になる人は、薄手のJADEYOGA(ジェイドヨガ)トラベルシリーズにするか、持ち運びをしない、おうちで練習するためのヨガマットとして使うことをおすすめします。

 

 

イベントヨガ好きなら持ち運び便利なトラベルヨガマットは持っておきたい

通常のスタジオ内でおこなうヨガレッスンに加えて、公園や海辺などでおこなうイベント系ヨガもすごく人気があります。

ヨガスタジオでヨガをやる場合は、冒頭に書いた通り多くのヨガスタジオでマットのレンタルサービスがあります。ところが屋外となれば話は異なります。

ほぼ全てのヨガイベントでは、ヨガマットの持参が必要になるのです。

そこで1枚持っていると重宝するのがトラベル用ヨガマットです。

 

私はHuggerMugger(ハガーマガー)のタパストラベルマットを持っています。

 

 

HuggerMuggerの(ハガーマガー)タパストラベルマットは、滑らないのが特徴のヨガマットです。

また、厚さが3mmあるのに重さは軽いです。更にヨガマットを丸めるだけでなく折りたたむこともできるので、スーツケースやショルダーバッグにも入り本当に便利です。

ただ、ひとつ残念なのは、販売店舗が少ないのです。

トラベルヨガマットの多くは厚さ1mmのものが多く、芝生や土の上ならともかくコンクリートの上などではかなりひざや背中が痛いです。とはいえ厚さを求めるとその分重量がかさみます。

 

manduka(マンドゥカ)のPROトラベルヨガマットであれば、厚さ2.5mmでグリップ力があり滑らないヨガマットとしてもおすすめです。

これは余談ですが、manduka(マンドゥカ)は、ヨガのプロフェッショナルに人気のブランドなので、持っていると「おっ?」と一目置かれるかもしれません。



 

トラベル用ヨガマットですら、重いしかさばるし面倒!という場合は、ラグマットやヨガタオルを使うという選択もあります。

芝生の上や畳の上など柔らかい所であれば、痛くならず大丈夫でしょう。また、ヨガマットをレンタルした時にヨガマットの上に敷いて使うこともできるので便利です。

 

ラグマットは、suria(スリア)やeasyoga(イージーヨガ)のものが人気です。

 

 

 

ヨガマット選びのまとめ

いかがでしたでしょうか。

ヨガマットを選ぶ時、悩むのは厚さ(クッション性)と素材、グリップ力です。

ヨガマットの厚さはどんなヨガをするかによって決めるのが一番です。初心者の頃は、どんなヨガかと聞かれてもわからないと思います。その場合は、一般的におこなわれているハタヨガに適した4~6mmがおすすめです。

 

ヨガマットの素材にこだわるならば、天然素材を選ぶと良いでしょう。

 

ダウンドッグなどで手が滑りやすいのが気になる人は、グリップ力(滑りにくさ)を重視して選ぶのがおすすめです。

 

 

もしよければ参考にしてみてくださいね。最後までお読みいただきありがとうございました!