グルテンフリー、古代小麦、国産小麦にこだわる人が摂取したい栄養素とは

ココロとカラダの森
ココロとカラダの森便秘痛みとかゆみココロとカラダの知恵袋

 

テニス選手、ノバク・ジョコビッチの本などで今ではすっかり馴染みの言葉となったグルテンフリー。ダイエットにも良いなどと言われていますね。

 

グルテンとは何か整理してみる

そもそもグルテンとは、小麦に含まれるタンパク質のことです。パンやパスタなど小麦を使った食べ物ってモチっとしてますよね。この「モチっ」を作り出しているのがグルテンです。

 

 

 

パンや麺がモチモチしてるのは美味しさの大事な要素ではあるのですが、残念ながらグルテンには体調不良を招く原因にもなり得るのです。

一番有名なのが小麦アレルギーでしょうか。日本では小麦を主食とする欧米に比べると少ないと言われていますが、自己免疫疾患のひとつであるセリアック病もグルテンが原因と言われています。

これらの疾患ではないとしても、何となく不調という原因にグルテンが影響している可能性がありまして。いくつかあげてみますと・・・

・慢性的な胃のもたれなど消化器系トラブル
・肌荒れ、発疹、ニキビなどの肌トラブル
・頭痛、片頭痛、めまい
・肩、腰、膝周辺などの痛み

いろいろありますね。これらの体調不良が果たしてグルテンによるものなのか。それを確認するのに一番良い方法は、小麦の摂取をいったん辞めてみることです。つまりグルテンフリーの生活を試してみるということですね。

 

あらためてグルテンフリーとは?

このように、グルテンフリーとはグルテンを含む小麦を使った食品の摂取を控える食事法のことです。

グルテンをいつも通りに摂取している時と、グルテンフリーの時とを比較してみます。期間としてはそれぞれ2週間ぐらいで良いと思います。それで上にあげたような症状に違いを感じるようであれば、グルテンが関連している可能性があると言えるでしょう。

私の場合は小麦を食べ過ぎると確実にお腹がもたれます。また真菌やヘルペスなどがもたらす腸の全般的な不調は、小麦の摂りすぎが原因だと言われたこともあります。菌やウイルスは小麦を好むのだそうです。

お通じが1週間に1回から毎日1回に!?改善の理由を考えてみました
中学生時代は1週間に1回ということも珍しくなかった重度の便秘症 以前「中学生以来の便秘が改善!これまでやってきた事①まず最初にやることは?」で書きましたが、子供の頃から長年便秘に悩まされていました。 これまた以前...

 

古代小麦、国産小麦にこだわる人が増加している理由

そんな中、小麦そのものに注目する人が増えてきました。その一つが古代小麦です。

 

 

そもそも大昔から世界中で食べられている小麦が体に悪いなんておかしくない?という疑問がわきますよね。これは小麦の大量生産が絡んでいると言われています。たくさん作るために行われた品種改良に問題があるというのです。そこで最近注目されているのがスペルト小麦などの古代小麦です。小麦なのでグルテンフリーではありませんが、グルテンの中に含まれるグリアジンの量が少ないのが特徴です。そして最近では体調不良の原因はグルテンそのものではなく、グルテンの中のグリアジンではないかと言われています。

また、国産小麦にも注目が集まっています。これは農薬の問題です。ポストハーベストと呼ばれています。小麦は非常に虫などによる被害が大きい食品のため、輸送の際に大量の農薬が使われます。それが体調不良の大きな原因となっているのではないかということです。

ポストハーベストはグルテンと直接関係するものではありませんが、小麦を摂取する上で決して無視できない問題ですね。

 

グルテンに敏感な人が積極的に食べたいもの

小麦を取りすぎるとすぐにお腹がもたれる私ですが、モチモチのパンやパスタは大好物。そうそう我慢することはできません。そんな小麦欲を満たす救世主的な食べ物がありました。

それはフルーツです。なぜならフルーツには多くの消化分解酵素が含まれているからです。特にパパイヤ、パイナップル、キウイフルーツなどにグルテンの成分であるタンパク質を分解する効果が高いと言われています。お肉を柔らかくするためにパイナップルを使ったりしますが、これはお肉に含まれるタンパク質を分解しているからなんです。

 

 

フルーツは空腹時に取るのが一番効果的です。私は毎朝の食事の際に一番最初にパイナップルなどの果物を食べるようになってから、お腹の調子がすこぶる快調になりました。

 

毎日フルーツを食べるのは大変という方にはサプリがおすすめ

もし毎日フルーツを食べるのは大変!とか、フルーツはあまり好きじゃない!という場合は、サプリメントもおすすめです。

【萬寿のしずく】愛されて25周年 7億8,000万本を突破!

 

萬寿のしずくは、沖縄産青パパイヤの酵素をはじめ、玄米、米ぬか、こんぶ、もずく(全て国産素材)という栄養豊富な食材がブレンドされています。青パパイヤは東南アジアなど暖かい土地で日常的に食べられるスーパーフードです。例えばタイ料理の甘酸っぱくておいしいサラダ、ソムタムに使われています。

 

 

萬寿のしずくのすごいところは、酵素が熱に強いためご飯を炊く時に入れたり料理に加えても栄養素が壊れないということです。またほとんど味も臭いもしないため、普段飲むみそ汁やコーヒーなどに入れて手軽に摂取することができます。カロリーも嬉しいゼロカロリー。これなら罪悪感もなく飲み続けられますね。

萬寿のしずく公式オンラインショップ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

急性アレルギーなど命にかかわる症状がある場合は別ですが、小麦を取りすぎると何となく不調というレベルであれば、フルーツの酵素を継続的に取ることをおすすめします。

私は劇的にお腹が軽くて快適になったので、もうフルーツなしの生活は考えられません(笑)

最後までお読みいただきありがとうございました!