【お金がかからない&品切れにもならない】最強の免疫アップ方法とは

ココロとカラダの森
ココロとカラダの森ヨガココロとカラダの知恵袋

 

コロナウイルスが世界中に広がる中で、私たちの生活は一変しました。

まずはウィルスに感染しないことが一番大切だと思います。しかしこれだけ感染者が増えてくると、感染しないことと同時に仮に感染しても症状を軽くさせるということが重要になってくるのではないでしょうか。

そこでぜひとも備えたいのが免疫力です。

 

コロナウイルスが発生する前からも免疫力については様々な情報が出ていますよね。

ヨーグルト納豆など発酵物はその筆頭格。きのこ海藻もそうです。にんにく緑茶なども挙げられます。

そしてこれらが良いと取り上げられた途端にスーパーで品切れ、という状況が頻繁に発生します。

日本は特にその傾向が強いように思います。

 

免疫力をあげるためにしていることなのに、どこへ行っても売れきれでイライラしてしまっては本末転倒です。

 

そこで今回改めて強くお伝えしたいのが「笑い」の力です。

笑うことが心身にいいことは周知の事実ですし、今更感があるかもしれません。

でも昔から良いと言われているものには、それなりに言われ続ける理由があるのだと思います。

 

さて、ヨガを学ぶ者としては、更にこの笑いとヨガを関連づけて書きたいと思います。

ヨガの中に、インドのある医師によって広まった笑いヨガ(ラフターヨガ)なるものがあります。これは笑うことを主役とした比較的新しいヨガです。

私も以前何回かクラスに参加したことがありますが、最初は恥ずかしい気持ちが勝るものの、だんだん気分がのってきて、顔の筋肉が痛くなるくらい笑いました。終わった後は血行がよくなり、気持ちも軽くなるので、なかなかいいものだなぁと思いました。

医学的には、βエンドルフィンという幸せ物質が口角をあげることで分泌されるんだそうです。

笑いヨガというジャンルは存在しなかった古いヨガの教えでも同様なことが言われていまして、口角を上げると頭頂部にある第七のチャクラが活性化されるといわれています。

頭頂部はプラーナ(気)の入り口と考えられていて、ここが活性化することで宇宙のエネルギーが入りやすくなります。

宇宙のエネルギーなんていうと、なんだかあやしい気がしてしまうかもしれませんが、イメージとしては、食べ物や睡眠など個人的にできるエネルギーチャージよりもっともっと大きなスケールの栄養補給という感じでしょうか。

頭頂部の入り口から宇宙のエネルギーとつながることで、常に満ち足りた状態でいることができ、またインスピレーションがわきやすくなることで、迷うことが減り生き方が楽になります。

昔から頭が最も神とつながりやすい場所といわれているそうですが、そういえば、日本語でhairを髪(かみ・神と同じ読み)というのは偶然ではなく、言霊的なパワーを感じたりするのは私だけでしょうか。日本語はこのようなものがけっこう存在し、とても興味深いです。

 

さて、笑いの効果は既に医学的にもエビデンスが出ているものの、いまだ信じられない人もいると思いますが、笑うことはヨガクラスに参加せずともできます。時間も場所も問いません。もちろんお金もかかりません。スーパーで探しまわる必要もありません。

嬉しいことに面白くなくても作り笑いで十分効果があるとも言われています。出かけることも出来ずストレスがたまって笑うどころじゃなくても、無理やり作り笑いをすればいいんです。

モノは試しで、ぜひぜひ今日から口角をあげてみませんか?