大分県の支援でお試し滞在ツアーへ⑧ツアー6日目(杵築市)

移住日記
移住日記暮らしの森

日出町の見学を終え、今日からは杵築市の見学です。

日出町と杵築市はお隣同士なので、宿泊は変わらずcasa del vientoカサデルビエントさんにお世話になります。

 

【あり得ない価格!】カサデルビエントのお得なプランはこちら

 

杵築市の方とは杵築市役所で待ち合わせということで、迎えに来てくださった県の方の車に乗り、市役所へ向かいました。

 

これまでと同様に、会う人会う人が暖かく迎えてくださり、中には既に移住イベントで会ったことのある方との再会もありました。

杵築市では最初に空き家見学へ向かいます。案内してくれたのは杵築市役所の方だったのですが、宅建の資格をお持ちということもあってめちゃくちゃ勉強になりました。空き家を探すときのノウハウを色々教えていただきました。

杵築市は空き家バンクに力をいれているのか情報も多い印象がありました。今回見学した中にも、杵築市に住むならここにしたい!と思う素敵な平屋の家もありました。

 

本日のランチは杵築城のふもとにあるお食べ家 円(まる)さん。大扇旅館に併設された和の雰囲気たっぷりの食事処で、どのメニューもボリュームたっぷり。コスパ抜群のお店でした。

 

午後からは杵築市観光です。まずは中野酒造さんへ向かいました。

 

杵築市にはこのような鏝で描かれた鏝絵(こてえ)がたくさんあります。

 

案内役は宅建保持の市の方からバトンタッチして地域おこし協力隊の方。杵築市は大分県では竹田市に並び地域おこし協力隊が移住関連の仕事で多く活躍しているイメージがあります。

 

 

さて、中野酒造は明治から続く老舗酒造で、たくさんの賞を受賞したお酒がありました。工場見学好きなこともあって施設の見学は興味深くさせていただいたのですが、残念なことに全く日本酒がダメな口で、これでもかというくらい試飲を勧められたものの全てお断り・・・。

申し訳ないと思いつつも県の方が酒豪だったのが不幸中の幸い。さすが九州人です。代わりにたくさん飲んでいただきました。お土産も買われていて、私たち以上に盛り上がっていました。

実はこのようなシチュエーションは初めてではなく・・・。私たち以上に県の方のテンションが高いことも結構ありました。私たちだけでなく、県の方も新鮮な体験がちらほらあったようで、何だかこちらまで嬉しくなりました。案内される一方より、一緒に盛り上がる方が楽しいですからね。

あ、そうそう杵築紅茶を使用した紅茶梅酒は日本酒が苦手な私でも大丈夫で、めちゃくちゃ美味しかったです。

 

 

次は城下町見学です。観光客はレンタルサービスを利用し着物で散策する方も多いらしく、事前に提案をいただいていたのですが、2月の極寒時期ということもあり丁重にお断わりしました。

太田エリアの宿泊施設に続き恐縮至極です・・・。暖かい時期だったらどちらもぜひ体験してみたかったです。

城下町を案内してくださったのは、ベテランのボランティアの方でした。この方が本当に素敵なキャラの持ち主でして・・・。知識はもちろんのこと、お話がとっても面白いんです。普通に自分たちで観光するのとは一味も二味も違う楽しい時間になりました。

 

サンドイッチ城下町と言われる所以はこの景色

 

お屋敷の窓からは杵築城が。

 

杵築城や大原邸など観光名所を巡ること数時間。時間が押して最後は駆け足気味に坂を下り、市役所へ戻って来ました。

宿に戻る前にオススメされたスーパーへ寄っていただき夕食を調達。可愛いワンコのいるカサデルビエントへと戻りました。

宿の近くにある炭仙人がお休みじゃなかったら、毎日通いたかったなぁ・・・。

 

大分県速見郡日出町の竹炭七輪焼きの「炭仙人」
美味しい鶏肉を竹炭の七輪で焼いてたべるお店です。

 

コメント