お通じが1週間に1回から毎日1回に!?改善の理由を考えてみました

ココロとカラダの森
ココロとカラダの森便秘ココロとカラダの知恵袋

 

中学生時代は1週間に1回ということも珍しくなかった重度の便秘症

以前「中学生以来の便秘が改善!これまでやってきた事①まず最初にやることは?」で書きましたが、子供の頃から長年便秘に悩まされていました。

中学生以来の便秘が改善!これまでやってきた事①まず最初にやることは?
私が便秘を自覚したのは中学生の時です。かれこれ30年前以上前の話になります。 便秘症の人なら大きくうなずいてくれるかもしれないですが、ひどい時は1週間ご無沙汰というのも珍しいことではありませんでした。 ...

 

これまた以前に書きましたように、何とか改善させたくて色々と試した結果、お陰様でほとんど便秘になることはなくなりました。ほぼ1日おきにはお通じがあり、お腹が張る辛さから解放されました。

中学生以来の便秘が改善!これまでやってきた事②私の原因は?
前回の記事で、便秘の改善にはまず最初に自分がどんな便秘のタイプか知ることが重要だと書きました。 私の場合、日本人女性に一番多い弛緩性便秘だということがわかっていました。というのも、腹痛や定期健康診断など...

 

ここ半年ほど更に便秘が改善。お通じが毎日ある。なぜ?

ところがです。去年の11月頃から今に至るまでの半年ほど、ほぼ毎日お通じのお呼びが来るようになったのです。途切れたのは恐らく1回か2回程度。その時もちゃんと翌日にはありました。

ふと何でだろう?と思い、生活の中の変化など振り返ってみたところ、もしかしたらこれかも!という原因があったのです。

それは、Kroeger Herbs(クルーガーハーブス)のサプリメント、Wormwood Combination(ワームウッドコンビネーション)を飲んだことです。

※尚、これから書くことは、あくまでも私の個人的経験談であることをくれぐれもご理解くださいませ。

 

Wormwood Combination(ワームウッドコンビネーション)を飲むことになったきっかけ

そもそもなぜWormwood Combinationを飲むことになったのかというと、定期的にお世話になっているオステオパシーの先生に摂取を進められたことでした。

どうも私の心身の不調は大腸周りが原因とのことで、更に言うと大腸周りのリンパの流れの悪さが、水毒を蓄積させ様々な不調の元になっているらしいのです。

そしてリンパの流れを妨げているのが、ヘルペスウイルスや真菌類の存在ということでした。

ヘルペスと聞くと口周りの症状をイメージしてしまいますが、口に限らず体内の粘膜のあるところ全てに存在しているらしいのです。ヘルペスが存在すること自体は特に問題がないのですが、状況によって悪さをすることもあるとのこと。

そこで更に診断を進めてもらったところ、私の場合はヘルペスウイルスや真菌類の排出にWormwood Combinationが有効だということでした。

 

Wormwood Combination(ワームウッドコンビネーション)サプリとは?

Wormwood Combinationは、ブラックウォールナットの葉、ニガヨモギ、カッシア、クローブがブレンドされたハーブのサプリメントです。そしてwarmwood(ワームウッド)の和名がニガヨモギというのだそう。

そもそもWormwood Combinationは、寄生虫対策、パラサイトクレンズのために作られたサプリメントですが、私の水毒排出にも効果があるとのことでした。

 

Wormwood Combination(ワームウッドコンビネーション)服用後に起きた2回の胃腸炎

オステオパシーの先生からは、Wormwood Combinationの摂取を一つの方法として薦められたものの、飲むかどうかを決めるのはあくまでも自分です。

お試しでいただいた1日分を飲んでも特に問題がなかったことと、値段的にも差し支えなかったこと、様々な口コミを読んで特に危険性も感じなかったところから、物は試しということで1か月ほど飲んでみることにしました。

それから起きたことを思い返してみると、2回ほど急性胃腸炎にかかっていたことを思い出しました。2回とも病院へ行き診てもらい抗生物質を4日服用しました。

その後何となく思い出したついでに聞いてみたところ、オステオパシー見解では胃腸炎は体の解毒作用が強く働いたためと思われるし、抗生物質の影響も発酵食品を積極的に食べることで問題ないとのことでした。

 

2回の胃腸炎が回復したタイミングと毎日のお通じが始まったタイミングが一致

その時はまだWormwood Combinationとお通じの関連性について考えたこともありませんでした。

でも今思えば、2回目の胃腸炎が回復したのが昨年の10月後半。そして毎日のお通じが始まったのが11月の初旬なのです。

これは本当に単なる私の推測にすぎません。でも何となくデトックス作用が便通に大きく影響を与えたのではないかと直感的に感じています。

これは一度でも便秘になったことがある方ならわかると思うのですが、お通じがあった日というのは一日の快適さが違います。ご飯がおいしいですし、身体も軽いです。

ヨガに関連の深いアーユルヴェーダ医学では、重要なものとして消化力と解毒力をあげています。体内の解毒がおこなわれ、それが快腸な毎日につながったのであれば本当に嬉しく思います。