中学生以来の便秘が改善!これまでやってきた事②私の原因は?

ココロとカラダの森
ココロとカラダの森便秘

 

前回の記事で、便秘の改善にはまず最初に自分がどんな便秘のタイプか知ることが重要だと書きました。

 

中学生以来の便秘が改善!これまでやってきた事①まず最初にやることは?
私が便秘を自覚したのは中学生の時です。かれこれ30年前以上前の話になります。便秘症の人なら大きくうなずいてくれるかもしれないですが、ひどい時は1週間ご無沙汰というのも珍しいことではありませんでした。子供の頃はただただ我慢するしかありませんで

 

私の場合、日本人女性に一番多い弛緩性便秘だということがわかっていました。というのも、腹痛や定期健康診断などでお腹を診てもらうたびに腸の動きが鈍いと言われていたからです。

 

弛緩性便秘になる原因は、主に繊維不足、食べる量そのものの不足、筋肉不足、運動不足などがあげられます。あげられますが、それらを改善したところで便秘の解消に直結するのかというと、少し疑問を持ちます。なぜならこれまで繊維の多い食べ物を積極的に取ったり、ジムに通ったりとしていた時期があるものの、慢性的な便秘の解消とはならなかったからです。

 

お通じは日々のことなので、イベント的に解消されても根本的な解決とはなりません。長期的な改善があってこそなのです。

 

あれこれと模索する中で、3年ほど前に私の便秘人生を一変させる出来事がありました。

 

 

それは原因不明な下腹部痛が続いた際に訪れた、メディアでも有名な病院でのことでした。診察でレントゲンを撮り、画像を見ながら言われたのが「腸がつぶれている。」ということでした。

 

 

確かによく見る人体図の腸とは違い、私の腸は下の方で窮屈そうにつぶれていました。腸が潰れていると、狭い道で渋滞が起こるように便秘になるのだそうです。腹痛の原因もそれでした。

 

 

何か良い改善策はないかと聞くと、マグネシウムを飲むことを勧められました。マグネシウムは腸の中で水分を集める働きがあり便が硬くなることを防ぐため、弛緩性便秘はもちろん腸下垂の人にも効果的なのだそうです。

 

マグネシウムの摂取となると、心配なのが高マグネシウム血症。すかさず聞くと、そうなった場合はすぐに特有の症状が現れるので、その時に対処すれば全く問題ないし、そもそもそんなに簡単にはならないから心配しないようにと言われ安心しました。

 

とりあえずということで、2週間分処方されました。もし効果があるようであれば、病院の薬でもサプリでも良いとのことでした。

 

早速服用してみると、それはもう衝撃的な2週間でした。病院の便秘薬といえば病的にトイレに行きたくなるものかと思いきや、それはごくごく自然にやってきます。お腹の痛みはほぼありません。トントンと軽く部屋のドアをノックされるような感じです。

 

大きな手ごたえを得た私は、その後もマグネシウムを飲むことにしました。何度も病院に行くのは面倒だったので、サプリに変えることにしました。これが大正解!なんと病院の処方薬よりサプリの方が更に効果がありました。

 

それから今に至るまでの3年間。全く副作用的な症状は起きていません。またお通じの方も、毎日か長くても1日置きという日々が続いています。

 

次回はマグネシウムのサプリについて詳しく書いていきますね。

【便秘の改善に!】リンゴ酸&マグネシウム 120粒 KAL